店舗内装の発注先はどう選ぶか

店舗内装は飲食店の開業などの投資の大部分を占めます

店舗内装は飲食店の開業などの投資の大部分を占めます設計と施工の間にどうしても時間が取られるメリットとデメリット

店舗内装は、飲食店の開業などの投資の大部分を占めます。
初めて飲食店を開業するときには、どうしてもメニュー作成や集客方法に気を取られがちです。
ですが、内装はお店の雰囲気やイメージを左右し、しかも大きなお金がかかる部分ですから、最低限の知識を保有しておく必要があります。
理想の内装イメージがあっても、実行に移せなければ意味がありません。
そのため、店舗内装を依頼するときには工事業者をきちんと選定することが、非常に重要となります。
まず内装を請け負う会社は大きく分類して3種類あります。
まずひとつめに「デザイン専門の設計事務所」です。
デザイナーが所属しており、設計はこのデザイナーが担当します。
施工は別の施工会社が行うことになりますので、設計会社と施工会社それぞれに見積もりを依頼することになるのがポイントです。
デザインが洗練され、イメージ通りのお店を作りたいと考えているのであればおすすめです。
ですが、デザイン料などが別途発生するケースがあることや、設計費用と施工費用が別のため、金額が高額となる可能性があります。
急いでお店を開きたい、という時にもあまりおすすめ出来ません。